私のこと

私のこと

 

 

 

私が歌うとき、私にしか見えない世界がある。
その世界は、人々のエネルギーが創りだすもの。
これこそが、天からの贈り物。

こんにちは。
大塚れなと申します。
ヴォーカリストであり、セラピストでもあります。
心の癒やしのために
そして
自己開花と魂の成長「メタモルフォーゼ」のために
お手伝いできたら幸せです。
私が、今の私になったいろんな出来事があります。
苦しいこともあったけど、今では、とても感謝しています。
生きていて本当によかった・・と。
その自分の過去のストーリーを少しずつ
書き綴っていますので、よかったら
私のSTORYSをごらんください。

<初めてのピアノの生徒さんは自閉症の女の子>
STORYSにも書いていますが、私は、幼児期から現実とスピリチュアルのふたつの世界に生きていて、とても苦しい経験がありました。
そして、私の苦しい現実を救ってくれたのは音楽でした。
音楽がずっと私のそばにいました。
音楽高校から音大へ進み、卒業して、初めてのピアノの生徒さんは、自閉症の女の子でした。この出会いは、準備されていたのだと思います。
初めての仕事で、私は、自分の幼児期の苦しみと向き合うことになりました。まるで、小さい頃の自分が目の前にいるようでした。私には、自分自身のように、その生徒さんの心や魂を感じることができたし、何故そういう行動をとっているのかがよくわかりました。
その時から、心や魂に寄り添って、その人がその人のまま生きていくお手伝いをすることが、きっと、私の仕事になるのだろうと感じていました。
はじめは、ピアノの下にうずくまって、出てこない、返事もしない、彼女でしたが、少しずつ打ち解けてきて、そして、3ヶ月後にはわらべうたを楽しそうにうたい、その歌った曲をピアノで弾きたいという欲求を表しました。彼女の心がやわらかくなって、そして、心から音楽を楽しめるようになったことが、嬉しくて、その子のお母さんと抱き合って泣きました。
その後、音楽教室でのピアノ指導法に、疑問をもちながら、自宅レッスンでは、障がいを持つ子どもたちのミュージック・セラピーと母親へのカウンセリングをしていました。はじめての生徒さんが、自閉症だったこともあり、ミュージック・セラピーを全力で勉強しました。いろんな施設へ見学に行ったりもしました。

<シュタイナー教育との出会い>
そして、私は、1冊の本に出会います。「魂の音楽教育」シュタイナーの音楽教育の本です。
その本に出会ったことで、私の音楽教育は、いままでとは、全く変わってしまいました。
その時から、私は、自分の仕事は、社会に適応するための訓練を強いるのではなく、その人の魂がそのままで生きていけるように、さらに喜びを感じて生きていけるようにお手伝いすることだと思っています。
それからの私は、音楽教室に務めることをやめて、自宅や出張会場で、障がいのある子どもたちを受け入れながらの、オリジナルで個性的な音楽教室を始めることになりました。
シュタイナーの人智学との出会いが、それからの私の人生をまったく変えていまうことになったのですが、魂の音楽教育から、治療教育講義という本に出会い、音楽療法、芸術療法、治療教育ということに、すべての力を注いていくことになります。
やがて、マンションのおとなりに、シュタイナーの治療教育の拠点になっている幼稚園の先生が引っ越してきたりと、嬉しい偶然も準備され、私の学びたかったことは、すべてあっという間に実現しました。

<バイオダイナミック農場で学んだこと>
それから、家族で、シュタイナー農法を実践するバイオダイナミック農場に移住し、10年をすごしました。
そこで私は、バイオダイナミック農法で栽培した植物や野生の植物をつかって作られたFESのフラワーエッセンス(花療法)にであい、アロマに出会いました。ハーブでつくるインフューズドオイルの研究にも勤しみました。
また、この時期、農場内にある、保育空間で子どもたちと一緒にすごし、水絵をかいたり、編み物で動物を作ったり、畑をやったり、散歩にでたりして、自分の子ども時代を癒やす、宝物のような時間を過ごしました。
10年の間に、国内、海外から農場にやってきたシュタイナー関係のいろんなお客さんと出会い、教育や芸術についても学びました。
それらの、学びや体験は、今の私の歌や音楽教室、ミュージック・セラピー、フラワーエッセンス(花療法)、エネルギー・ヒーリング、月のリズムでの心身のケアなどの仕事のすべてに生かされています。
ハーブのことも大好きで、ナチュラリストの12ヶ月というタイトルで、ハーブやエッセンス、アロマなどでクラフトを作る講座をやったり、植物の学びはずっとつづいています。
また、7年周期(太陽のリズム)で成長していく子供たちのリズムや、4つの気質の学びをへて、音楽教室の生徒と向き合う今、呼吸心臓の鼓動のリズムが1対4になる7歳くらいが、いろんなことを学ぶのにとても良い時ということもあり、7歳前にはピアノの生徒は受け入れないという取り組みや、気質によって、子どもたちに話すテンポを考えたり、ピアノ曲を選んだりして、本当に楽しく仕事をしています。7年周期の子どもの成長や、4つの気質については「育児&育自」という講座で、たくさんのお母さんたちと学でいます。自分を知り、子どもやパートナーと向き合うための学びの講座です。

<天からもらったギフトをいかした仕事>
幼いころから、見えないエネルギーを見たり感じたり、聴こえない心の声をきいたりすることに苦しんでいましたが、高校生の時に通った心療内科の先生の、「見えないものを見て、聞こえないものを聴くことは、君にあたえられたギフトなんだ。これからは、その世界としっかりつながって生きていきなさい。苦しいこともあるかもしれないけれど、君のもらったギフトが、君やたくさんの人を幸せにする時がきっとくるから。」という言葉に救われ、天と地とのはざまで生きていくことを決めました。その言葉は、今でも私の心を支えています。
私が冒頭に書いた、自分のコンサートの時に見えた美しい世界。それは、私は天からもらったギフトで見せてもらえる世界です。
これからの私は、私に与えられた天からのプレゼントを生かして、音楽やフラワーエッセンス(花療法)アロマセラピー、エナジーヒーリングなどのすべてを、人々が自分を開花させていくこと、魂や心の成長「メタモルフォーゼ」のために、お手伝いをさせていただけたらと思っています。特に、障がいを持っている子供たちや大人、その家族のみなさんのためのケアをしていきたいと思います。
フラワーエッセンスは、出ている症状だけではなく、その人自身を癒やし、本来の自分に帰ることをサポートします。それは、バランスが取れるというだけではなく、自分を表現することへの魂の旅でもあります。音楽もまた、魂のまま心のままの自分の表現として。エナジーヒーリングも、その人の持つ自己治癒力が蘇って発動することを目的に行っています。そして、「今」を生きるためのヒプノセラピーでは、催眠療法を通じて魂の傷を癒やします。アロマも、見えないエネルギーを感じて、私なりアロマセラピーをレクチャーしています。
音楽も、クラッシックの凌ぎの世界で苦しみ、声を失った経験があり、歌手人生も終わりにしようと思っていましたが、授産施設でのクリスマスコンサートに呼ばれて歌ったときに、今まで体験したことがない時間を過ごしました。私の歌を待っていてくれる温かい沈黙や、歌が始まった時に私の歌を優しく包み込むように受け入れてくれる大きな海のような感覚や、歌を聴いて涙を流したり、声を出したことがなかった人が声をあげて喜んだり、プロにしかわからないようなサビの部分で大きな拍手をもらったりしました。自分の魂が震える体験でした。この人たちのために歌えるなら、歌っていたい、本当に幸せだと思いました。

<私の夢>

障がいがあるなしにかかわらず、すべての人が、そのままの魂でいられるような、社会に適応することを強いられるのではなく、その人らしく喜びを持って生きていくためのサポートをしていきたいと思います。
自分を開花し、魂の成長とメタモルフォーゼのために・・・。メタモルフォーゼとは、変容することです。すべての人に、日々、成長し変容する喜びを味わっていただけたらと思います。
また、障がいのある当事者やお子さんを持つ親御さんは、社会の中で、経済を生むこと、生活していくためのお金を得ることに苦しんでいると思いますが、将来は、彼らや彼らの家族と一緒に、経済を生み出すことをみんなで考えたり、実行したりする場所を作りたいと思っています。
魂や心がそのままでいることができて、喜びを感じて生きていけるなら、どんなに安心で幸せでしょう。
そのために、私の歌や、私のセラピーをいかせていけたら、それは最高の幸せです。