こどもとおとなのための〜やさしいあいのうた

いろんなコンサートで自分が歌ったり、また聴きにいったりすると、いつも感じるのは、その音はどこにむかっているんだろう・・・ということです。
どこに届けられるのかということです。
演奏者のことろで鳴っていて、そこから離れない音もあれば、溢れ出して、ちゃんと私の魂に直接とどけられる音もある。

重松壮一郎さん(SOSOと呼んでいます)のピアノを初めて聴いたとき、音が空間いっぱいに溢れ出し、まるで音の温泉みたいに私たちを包み込み、そして、私の魂へもちゃんとひとつひとつの音が届けられました。
そのことに、私は、本当にびっくりしました。
音が空間をいっぱいにして、そして、ちゃんと、その中のひとりひとりの魂にまで音を届けられる人はなかなかいないと思うのです。

ご縁あって、タイミングがあえば、コンサートをご一緒させていただけることに感謝しています。

私も、歌うときには、まず、自分の中心が響いて、その響きが空間に広がって、そして、ひとりひとりの魂まで、音と言葉が届けられますようにと祈りながら歌っています。
そんな気持ちや、音楽にたいする姿勢がSOSOとは、同じなんだろうな〜と思います。
だから、いっしょにやっていて、安心するし、楽しいのです。

2017年の年のはじめに、ちょうどタイミングがあって小さなコンサートを一緒にすることになりました。
新しい年の始まりに、なんだかとてもうれしいコンサートです。
今回は、はじめから、大人も子どもも楽しめるようなコンサートにしましょうということで、いろいろと、演奏する曲を考えていました。
そして、4日前の昨日に、やっとプログラムがきまりました(笑)。
いや、いつも、こんな感じなんですが・・・
今回も、とても、楽しみにしています。

私は、昨年の秋に、初めて沖縄にいったのですが、はじめてその土地に降り立ったときの、深くしみてくるような懐かしさや
魂が、まるで、昔そこに生きていたかのような、故郷に帰ってきたかのような、なんとも言えない喜びを感じました。
SOSOも、はじめて沖縄に行ったとき、そうだったそうです。
それで、今回、はじめての挑戦で「てぃんさぐの花」を歌うことにしました。
ちょっと、無謀のような感じですが・・・あの沖縄で感じたものを、歌にしてみたいと思います。
そして、沖縄の言葉じゃ歌えないよね・・・と思っていたのに、沖縄の言葉の楽譜しかみつかりませんでした(笑)。
ちょっと、おかしな感じかもしれませんが、がんばって沖縄言葉で歌います。

それから、重松壮一郎さんとおきつななこさんが、一緒につくった「このほしのうた」というCDから、何曲か歌います。
私が選んだ曲は、CDの中でも、とくに好きな曲です。
CDを聴いていると、二人が、本当に、ていねいに、大事に演奏しているのがわかります。
ななこさんは、この時、赤ちゃんがおなかにいて、いろいろ大変だったかもしれませんが、その赤ちゃんを、いつくしむ感じが、歌にでていて、赤ちゃんも一緒に歌っているようで泣けてきます。

CDを聴きながら感じたのは、私たちには、本当に本当に、大切にしたいものがあるということです。
それは、家族だったり、ひとりひとりの命だったり、気持ちだったり、会話だったりぬくもりだったり、笑い声だったり・・・そんな当たり前のようで、当たり前じゃないささやかなようで、とても貴重なもの。
そんなものが、このCDには、つまっているな〜と思いました。
お二人が、とても大切につくった音や歌を、どこまで歌えるかわかりませんが、私も、大切に大切に歌えたらと思っています。

そして、CDの中から、私が選んだ曲の中に、「ミリーへの手紙」とう曲があります。
これは、SOSOが、グリム童話(モーリス・センダック絵)の「ミリー」とう絵本に、影響をうけてつくった曲なのだそうです。
私も、子どもが小さい時、この本をよく読みましたが、はじめてこの絵本を読んだときは、涙を隠せませんでした。
そして、絵本のいたるところに、深い愛情を感じました。

子育てで悩んでいるお母さんは沢山いますが、本当に大切なものは、その気持は、たったひとつなのかもしれません。
そして、それは、言葉をつくさなくても伝わるし、行為をくりかえすことなんかじゃなくて、ただ、ただ、そばにいることだけなのかもしれません。

私は、今、コンサートで歌うことを考えながらなんどもなんども、曲をイメージしていますが、
なにか、胸にあふれてくる、優しい水のながれのような 静かだけれどあたたかい、夜のそらに、小さく光る星のひかりのような…そのすべてに感謝せずにはいられないような、そんな幸せな気持ちになっています。
この思いが、伝わったらいいな〜と思います。

〜やわらかなうたとピアノが、新しい年の扉をひらく〜
新しい年に想いをはせ、ゆっくりと音にひたる特別なひとときを。
オリジナル曲とカバー曲、即興で紡ぐコンサート。
うた 大塚れな  ピアノ 重松壮一郎どうぞ、ご家族でお越しください。
2017年1月9日(月・祝)17:30会場 18:00開演
福岡市 クローバルホールにて
(福岡市中央区警固3−3−7 501)
前売り2000円 当日2500円
中学生1000円 小学生以下無料

*30席ほどの小さなホールですので、
どうぞ、お早めにご予約ください。
<ご予約・お問い合わせ>
みずのえ 090-6518-6963 soso@livingthings.org
または・・・
サンアンドムーンガーデン (大塚) 080-4362-9575
sun.moon.garden@icloud.comアクセス
地下鉄 「薬院大通り」より10分
西鉄バス「雙葉学園入り口」近く
★近くにコインパーキングが少ないので、なるべく公共交通機関にておこしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。